ポストする May 28, 2016


体育祭 ティシャツ 最速

 史上最速の新・怪物伝説だ。大阪桐蔭が光星学院(青森)との春夏同一カード決勝を制し、史上7校目の春夏連覇を達成した。エース藤浪晋太郎(3年)が決勝では78年ぶりの14三振を奪い、準決勝から2試合連続2安打完封。9回に決勝史上最速153キロを計測する投球で、今大会4本塁打の4番・北條史也内野手(3年)を無安打に封じ、通算9勝目をマーク。東北勢初Vを目指した光星学院の夢を砕いた。

Tシャツ制作最速激安 東京 体育祭 ティシャツ 最速.

 センバツ決勝で完投勝利も、2人には打ち込まれた。田村に3安打、北條には2安打2打点。頂点に満足せず、投球フォーム改良に取り組んだ。球速より球質、変化球の制球を上げようと下半身を使うフォームを心がけた。6月終盤、股関節に疲労性の張りが出た。理学療法士が「下半身を使えているからです」と教えてくれた。春に続いて夏も全登板で150キロ超え。9回先頭の代打・村瀬に自己最速タイの153キロの速球を投げ込んだ。光星学院という好敵手がいたから、最後まで最高の投球を貫けた。整列時、北條と「ありがとう」と声を掛け合った。 体育祭 ティシャツ 最速.



体育祭 ティシャツ 最速 - 説明